30代後半男のダイエット

過食でカロリー消費が低下する研究成果発表―メタボ予防・治療に期待

 高カロリーの食事をすると脳が基礎代謝を担う褐色脂肪の働きを低下させ、肥満を引き起こすことがマウス実験で解明されました。
この研究結果を発表したのは、東北大大学院医学系研究科の山田哲也准教授らの研究グループ。論文は4日付米科学誌「セル・メタボリズム」に掲載されました。
 山田准教授は「過剰摂取したカロリーを蓄積する仕組みが残っているのでは」と説明。栄養備蓄の仕組みが明らかになるのは世界初とのことです。今後のメタボ予防・治療法の開発につながると期待されています。

 

 研究グループは、肝臓内で糖の代謝を高める酵素「グルコキナーゼ」に着目しました。マウスに高カロリー食を与えると、肝臓内でグルコキナーゼが増え、脳が交感神経の働きを抑制し、褐色脂肪によるカロリー消費が低下しました。一方、肝臓から脳につながる神経を切断して、同様に高カロリー食を与えたところ、褐色脂肪によるカロリー消費の低下はみられませんでした。
 また、太りやすい種類のマウスで人為的にグルコキナーゼの上昇を抑えたところカロリー消費量が上がり、太りにくいマウスでグルコキナーゼを上昇させるとカロリー消費量が下がりました。
 これらのことからグルコキナーゼが、脂肪の備蓄システムをコントロールすることが分かりました。

 

 過食はメタボの元、一食集中の食事はダイエットの敵ということが、科学的にも明らかになりました。新しい予防法・治療法に期待しつつ、普段からの食生活にも一層気をつけていきましょう。




過食でカロリー消費が低下する研究成果発表―メタボ予防・治療に期待関連ページ

ホタルイカに脂肪肝の改善効果
ニュースをお届け!
白髪は体の警告信号?
ニュースをお届け!
GLAYのTERU 6kg減に成功の「プラスわかめダイエット」紹介
ニュースをお届け!
低GI値スパゲティ「スパゲティ・モンティニャック」
ニュースをお届け!
美木良介さん著の「ロングブレスダイエット」が話題
俳優の美木良介さんが提唱した「ロングブレスダイエット法」をまとめたシリーズ第3弾『DVDで完璧にわかる!美木良介のロングブレスダイエット 必やせ最強ブレスプログラム』が話題に乗って、ついに書籍売り上げランキング1位になりました。
ダイエット中のチーズはあり?なし?
チーズは非常に栄養が豊富なので、むしろダイエット中には食べておきたい食品です。
冬といえばみかん!ダイエットにも効果的
冬の定番みかん。みかんに含まれるヘスペリジンはダイエットにも効果的です。
1日9回で痩せる「猫のびストレッチダイエット」
1日9回、猫の伸びる動作を真似するだけで痩せる、「猫のびストレッチダイエット」が話題です。
フルコースで500kcal以内「ナチュラルダイエットレストラン」
フルコース、デザートまで食べても500kcal以内という「ナチュラルダイエットレストラン」が話題です。
アメリカで注目を浴びている「17日間ダイエット」
たった17日間で痩せるメソッド「17日間ダイエット」がアメリカで注目を浴びています。
ミスタードーナツ カロリー一覧
ミスタードーナツのカロリー一覧です。
知っておきたいメタボリックシンドロームの基準
ダイエットの目的には動脈硬化という健康リスクの防止もあげられます。その方策としてメタボリックシンドロームという概念が導入されて久しいです。基準を知っておけばダイエットの一つの目標となるでしょう。
ポテトチップスは意外とダイエットにいい?
ポテトチップはカロリーも高く、ダイエットの天敵の様に思われるかもしれません。